世界の難民支援活動に献立

IMG_8604.JPG

ゆうゆ人狼会では、日々増大する世界の難民支援活動の献立に取り組んでいます。

国連の難民支援機関であるUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の活動を支える日本の公式支援窓口、国連UNHCR協会より資料提供を頂き、活動をしております。

IMG_8617.PNG

> 国連UNHCR協会 公式サイト <

 

 難民とは

紛争に巻き込まれたり、宗教や人種、政治的意見といった様々な理由で迫害を受けるなど、生命の安全を脅かされ、他国に逃れなければならなかった人々のことを「難民」といいます。

また、紛争などによって住み慣れた家を追われたが、国内にとどまっているかあるいは国境を越えずに避難生活を送っている「国内避難民」も近年増加しています。

 

世界で6530万人が難民化

戦後最高水準に=2016年6月20日 国連

IMG_8624.JPG

戦争や迫害を逃れ、家を追われた人の数は6530万人。

今、1分に24人が移動を強いられています。

 

IMG_8623.JPG

ひとりで家族を守らなければならない母親たちがいます。

戦争や迫害の中で夫を失い、生き延びるために、子どもとともに、他国に逃れた母親たちは、夫に代わって家族を必死に守ろうとしています。

貧困や暴力にさらされながらも、傷ついた心を胸の奥にしまい込んで、怯える心を奮い立たせて…。

“強くならなければならないのです、自分自身を、子どもと家族を、守るために。”

 

IMG_8622.JPG

世界で最も急速に深刻化する難民危機。

戦闘や、誘拐・性的暴行といった恐ろしい暴力行為、飢餓や干ばつといった状況を受け、幾千もの人々が避難せざるを得なくなっています。

また、南スーダン国内でも飢饉状態であることが宣言され、子どもたちの多くは栄養失調で適切な治療を受けられず、一刻を争う事態になっています。 

 

IMG_8626.JPG

 「学校は大好きでした。でも空爆で焼けてしまった。」

「お金がないから、学校に行かないで働いてるんだ。」 

今、学校に通えないシリア難民・国内避難民の子どもたちが250万人以上います。

でも、子どもたちはあきらめません。学校が破壊されても。働いていても。

困難に負けず、今日も懸命に勉強を続けている子どもたちがいます。

 

あなたのご支援でできること

IMG_8609.PNG

IMG_8609.PNG

IMG_8610.PNG

IMG_8610.PNG

IMG_8611.PNG

IMG_8611.PNG

※1ドル=102円換算

 

難民問題を前に、私たちは無力ではありません。

一人ひとりにできることが必ずあります。

難民を守る。難民を支える。

難民の人々がもう一度笑顔で暮らせる日まで…

UNHCRの難民支援活動に力をお貸し下さい。

> 募金・寄付する <

IMG_8631.JPG

 

※イベント時にお寄せ頂いた募金は、UNHCRに寄付し、最も必要とする援助活動に活用されます。

※出典:国連UNHCR協会

トップへ戻る